LOFT

西山 舞

PERSON

MAI NISHIYAMA

西山 舞

商品部 生活雑貨部バイヤー

あっと驚く商品選定を。
楽しさが溢れる売場作りを。

商品部生活雑貨のバイヤーとして、テーブルウェアとフーズを担当。取引先からの商品紹介や情報交換をする商談を1日に3〜4件ほど行っている。商談を受けての営業展開構築や、各店舗のマネジャーへの商品説明が中心業務。商品開発、新店準備、日本各地への出張、店舗ラウンドなども。国内の展示会はもちろん、海外の展示会にも足を運び、買い付けを行う。

  • 2008年 梅田ロフトバラエティ雑貨売場(新卒入社)
  • 2009年 梅田ロフトバラエティ雑貨売場(チーフ)
  • 2010年 梅田ロフト健康雑貨売場(チーフ)
  • 2012年 渋谷商品部(メンバー)
  • 2012年 商品部生活雑貨部(バイヤー)

QUESTION

Q1. 入社を志したきっかけは?

新しい文化を創造し、発信したかった

幼い頃から雑貨が大好きだったんですよ。だから学生時代もずっと雑貨店でアルバイトをしていました。自分が陳列した商品をお客様に褒めていただけると、まるで自分が褒められているかのように嬉しかったことを覚えています。ロフトに入りたいと決意したのは、初めてハロウィンの売場を目にした時。これまで知らなかった世界でしたので、衝撃でしたね。私も新しい文化を創り出したい、発信する側に立ちたいと強く感じたんです。

西山 舞

Q2. ロフトの売場作りの面白さとは?

ディスプレイを自由につくらせてくれること

ロフトでは売場のメンバーに多くの裁量が与えられています。入社3年目健康雑貨売場に異動になったばかりの頃、サンケア用品の売場を任されました。異動直後で商品知識は充分ではなかったのですが、ただ並べているだけのサンケア用品を面白くしたかったんです。そこで思い出したのが以前担当していた水着の売場。「あの時使っていた砂を敷き、ボールも置いてビーチに見立ててディスプレイしよう」と提案。すると売り上げが前年よりも大幅アップ。発想次第、自分次第で売り上げを伸ばしたり、お客様を喜ばせることができるのが面白いところです。

西山 舞

Q3. やりがいを最も感じる時は?

楽しそうなお客様の姿を目にした時

自分が選定した商品の前でお客様が盛り上がっているのを見た時です。食器シリーズ「HOME&STUDY」は思い入れのある商品でしたので、「かわいい!」と声を上げたお客様を拝見した瞬間、泣きそうになりました(笑)。いまはリーズナブルな価格で可愛い食器を購入できる時代です。だからこそ「ロフトで買いたい」と思わせる商品展開が必要です。力を入れているのはギフト。モノだけでなくパッケージにもこだわります。パッケージを変えるだけで格段に素敵に見える商品へ変身させることもできます。創意工夫をしてお客様の「ロフトで買いたい」気持ちを増幅させる努力をしています。

Q4. 海外の展示会の雰囲気は?

ユニークな商品のオンパレード

ドイツ・フランクフルトで開催される国際見本市「アンビエンテ」の会場は、驚くほど広く、出展社数も多いので、見て周るだけでも大変でした(笑)。ですが「ドンキー・プロダクツ」のキッチン雑貨など、ロフトっぽいユニークな商品をたくさん買い付けることができたので満足です。予算はだいたい1,000万円ほど。足が棒になるくらい歩きました。買い付けた商品が売場に並ぶのはいつもとても嬉しいです。

西山 舞

Q5. バイヤーとして大切にしていることとは?

好奇心を無くさないミーハー心

ミーハー心。好奇心を失くしてしまったら終わりだなと常々思っているんです。世の中の流れにいち早く気づくことが重要なので、アンテナを張って生活をしています。一方で「自分が欲しいか」という視点も大切にしています。バイヤーとしてのこだわりやプライドを持ちつつも、やはり一人のお客様としての視点は忘れてはいけないと思っています。また、私は最初の配属がバラエティ雑貨だったからなのか、お客様にびっくりしていただけるような商品もついつい探してしまいますね。売場で学んだ知識や経験はバイヤーの仕事においても大きな糧となっています。

西山 舞

MY DAILY

西山 舞

PICK UP WORK

食器シリーズ「HOME&STUDY」は、長崎県波佐見町を訪れ、いくつもの窯元さんと一緒に創り上げた商品です。文房具モチーフの箸置きやお皿、シンプルなデザインの器など、商品のテイストはさまざまですが、パッケージを統一することでブランドの一体感を出し、新生活ギフトプロモーションとして販売しました。初めてイチから自主開発商品に関わったプロジェクトということもあり、発売にこぎつけるまでは苦労の連続……。その甲斐あってか、自信をもってご提案できる商品になったと自負しています。

MESSAGE

やる気のある人、やりたいことがある人には、いくらでもチャンスを与えてくれるのがロフトです。経験値はあまり関係ありません。たとえ若くても、経験がなくても、仕事さえできれば認めてくれる。出る杭が打たれないんですよ。社内の風通しの良さもロフトの自慢ポイントですね。現に私がこれまでの配属されたどの部署の上司も素敵な方ばかりで、提案も相談も、どんなことでも親身になって聞いてくれました。まずは手をあげ、アクションを起こすことが大切。次のロフトスタイルを、一緒につくっていきましょう!

西山 舞
西山 舞

職場の仲間と秋の大人BBQ!テーマは「二度見BBQ」。メインは湯豆腐・松茸ごはん・秋刀魚。高級昆布でとった出汁や土鍋で炊く松茸ごはんは最高でした。
私ともうひとり誕生日が近かったので、なんとサプライズでケーキが登場。寒くて震えてましたが、心はほっこり。

西山 舞

鎌倉で有名な喫茶店のホットケーキをやっと食べられた♪このボリュームとレトロな食器がマッチしすぎてたまらん。媚びていない素朴な味。
「純喫茶」をテーマにした企画(レトロカトラリー・グラス・プレートetc…)をやったら、今の若い子には新鮮なのかも・・

西山 舞

と頭の中で考えつつ、硝子工場へ見学へ行ったら、絶滅危惧種のレトロオルゴールを発見。
純喫茶、来るかも!⇒2月企画として商品選定中です。

西山 舞

大好きな音楽フェス♪いつもは近場で済ませていましたが、
今年ははじめて朝霧JAMに参戦。
人生初キャンプ!
雨ザーザーでしたが、晴れたら富士山が幻想的に現れて、イイことありそう。
バッチリ、担当のコーヒー用品も使用。木の器は割れなくて使いやすい

西山 舞

春の新生活商材を仕込みに、長崎・波佐見へ出張。2日間で15軒の窯元さんを巡る怒涛のスケジュール・・いつも勉強になります。

西山 舞

調布で定期的に開催される蚤の市へ。大量生産用ではなく、作家さんがつくりたいものをつくっている作品は、愛情が伝わってきてとってもステキ。 商品開発の参考になります。

西山 舞

4泊6日のパリ出張。はじめてのパリ。まちがステキすぎて感嘆。
歩いているひとがみんなおしゃれ。
丸一日お買いものDAYにできたので、バトームッシュでセーヌ川をクルージング♪

西山 舞

ちゃんと仕事もしました。

西山 舞

渋谷で同期会♪
本部メンバーが増えたので、歓迎会も兼ねてバルパーティ。このあとは記念プリクラ撮影。

西山 舞

プ女子の次はスー女。
ロフトプロレス部は部員約30名の最大勢力ですが、すもう部も盛り上げていきます。

icon_top_arrow