LOFT

fujiis_top

PERSON

SARASA FUJII

藤井 更紗

渋谷ロフト文具雑貨チーフ

ワクワクする売場作りと、
お客様の期待に
応えるために。

2015年に新卒で入社し、現在「渋谷ロフト」文具売場のチーフを務める。文具売場は連日賑わいをみせる「渋谷ロフト」の中でも特に多くのお客様が訪れる場所。チーフとしての担当売場での企画立案やメンバーのマネジメントといった業務の他に、店頭での接客・レジ・品出し、発注など基本業務ももちろんこなす、多忙な毎日だ。任される業務は責任あるものばかり。日々の仕事が、自身の成長につながっている。

  • 2015年4月 渋谷ロフト文具雑貨(新卒入社)
  • 2016年4月 渋谷ロフト文具雑貨(チーフ)

QUESTION

Q1. 入社を志したきっかけは?

独創的なビジネスの視点に惹かれて

ずっと雑貨が大好きで、学生時代はセレクトショップや百貨店、街中にある小さなお店など、いろいろな業態の雑貨を扱うお店に出かけていました。就職先を考える際にも自然と「雑貨」を扱う企業で働きたいと思い、ロフトに就職を決めました。選択肢はたくさんありましたが、その中でもロフトを選んだ理由は、ビジネスとしてしっかり採算をとっていること、そして売れ筋ばかりを扱うのではなく「クスっと笑える」面白いものも売っていること、が決め手となりました。自分の雑貨好きを思う存分生かせそうだと思ったんです。

藤井 更紗

Q2. 入社前後のロフトのイメージは?

「ワクワクする場所」であることは変わらない

学生時代の私にとってロフトは「日常にあると楽しくなるもの」、「心が豊かになるもの」、「ちょっと嬉しくなるもの」を探しにいく場所でした。入社をしてはじめて知ったのは、楽しい店頭の裏には、メンバーの惜しみない努力があること、です。お客様として迎えられていた自分が「何かある、何か見つかる」と感じていたのは、みんなの地道な作業の上に売場が成り立っていたんです。毎日やらなければならないことも、やりたいこともたくさんで、本当に忙しいですが、今度は私がお客様にワクワクをお届けする番。初心を忘れずに、日々業務に取り組みたいと思っています。

藤井 更紗

Q3. 忘れられない出来事とは?

失敗を先輩のフォローで乗り越えられたこと

チーフになって間もない頃、大きな失敗をしてしまいました。それは文具売場で行った海外の商材を中心に扱う企画で、私が仕入れを任されているものでした。しかし、直前になって予定日に商品が揃わないことが判明したんです。どうしよう……と悩んでいたときに全力でフォローしてくれたのが、先輩チーフと渋谷専属の商品担当。新しいメーカーの商品を急遽仕入れてもらうなどして、企画はことなきを得ました。感謝の気持ちと申し訳なさでいっぱいでした。そして同時に先輩方の仕事ぶりを見て、判断のスピードの重要性などを学びました。

藤井 更紗

Q4. 売場での印象的なエピソードは?

お客様に喜んでいただけた接客

私はモノが好きでロフトへ入社を決めたので、接客はあまり積極的にやりたい方ではなかったんです。でも仕事を続けるうちに、接客したお客様に喜んでいただけた時、自分の喜びにつながっていることに気づいてきました。先日、転勤になる同僚の方へのギフトとして「メッセージを書き込めるフラッグを、低コストでつくりたい」とお客様に相談を受ける機会があったんですよ。その際「つまようじにマスキングテープを裏面と表面が重なるように折って貼れば、フラッグができますよ」とご提案したところ、とても喜んでくださったんです。モノに囲まれた仕事は楽しいですが、お客様の期待に応えられた接客ができるとすごく嬉しいですし、やりがいを感じます。

藤井 更紗

Q5. ロフトで叶えたい夢は?

今は店頭業務、将来はバイヤーへ

バイヤー志望で入社をしましたが、いまは売場でもっと接客やディスプレイを勉強したいと思っています。売場作りはとても奥が深くて面白い。同じ商品でも見せ方によって売れ行きがすごく変わりますし、 “締まり”と“動き”のテクニックで絶妙なバランスの売場ができるんです。実は、入社前は店頭業務にあまり興味がなかったんですよ。ですが、接客でも売場作りでも、自分の考えたことに「いいね!」と反応をいただけることがすごく楽しいんです。将来的には元々志していたバイヤーなどいろんな経験を積んでいきたいです。

藤井 更紗

MY DAILY

藤井 更紗

PICK UP WORK

初めて企画の立案から仕入れ、実施まですべてを担当した「ゴージャスギフト企画」です。2016年のクリスマスギフト提案として、金色と銀色のアイテムだけで「派手なプレゼントで差をつけよう」というテーマのもと売場を立ち上げました。昨年、金色の手帳が売れたこと、金銀のアイテムが各メーカーから同時期に発売されたという背景を踏まえ、もしかして当たるのでは・・・とひらめいた企画です。照明の光を当てたら、もうギラギラ(笑)。少しチャレンジングな企画だったのですが、思っていた以上に売れて私自身がびっくりしてしまいました。お客様がアッと驚く売場を仕掛けること、その醍醐味を味わった企画でした。

MESSAGE

モノが好きな方であれば、絶対に楽しい会社ですよ。まさに私自身がそうだから。私にとって自分の好きを形にできる場所がロフトなんです。売れ筋だけでなくちょっと面白いモノ、ユニークなモノを置いているロフトだから、社員が考える余地が生まれます。挑戦できる機会が与えられます。一人ひとりの考えが「何かある、きっとある」という面白い売場につながっているんです。ワクワクするモノが集まるロフトで一緒に働きましょう!

藤井 更紗
藤井 更紗

以前行った送別会の写真。入社時から大変お世話になった当時の管理担当と。
厳しく優しいみんなのお父さん的存在でした。。。

藤井 更紗

妹とカウントダウンジャパンへ。日頃のストレス発散してきました!

藤井 更紗

1月末に、同期と台湾旅行にいってきました!こちらは有名な九份。
憧れの映画の世界に入ったよう。

藤井 更紗

台湾といえばグルメ!食い倒れツアー中に、小龍包で有名なお店のキャラクターとぱしゃり。

藤井 更紗

台湾には文具もたくさん!ロリポップキャンディーのようなマスキングテープを発見しました。かわいい!商品の見せ方って大事だなあ。

藤井 更紗

旅の醍醐味の一つ、お土産。こちらは手芸屋さんで購入したもの。
台湾らしい柄がかわいくてついつい買いすぎてしまいました。。。これから何を作ろうかな。

藤井 更紗

旅行や美術展が好きです。記念のポストカードたち。

藤井 更紗

毎年世田谷で行われる「世田谷ボロ市」にて。
骨董品から日用品までいろんなお店が集まっています。
お店の売場作りのヒントもたくさん!

icon_top_arrow